1日の阪神―広島(甲子園)は0―0の一回表2死無走者で降雨のため、10分間の中断後、ノーゲームとなった。グラウンド整備のため44分遅れで始まり、阪神の能見が広島の1番丸、2番菊池を連続三振に仕留め...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)