互いに決め手を欠いた。日本ハムは七回にレアードのソロなどで2点を先制したが、直後に同点とされ、その後は好機を生かせなかった。ソフトバンクは投手陣が踏ん張ったが、打線は吉村の2点適時打で追い付くのが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)