手術から復帰の釜田が2シーズンぶりの白星を挙げ、楽天は5位に浮上した。毎回走者を出しながら5回4失点で粘った。二回に嶋が先制3ランを放ち、三回には藤田が満塁本塁打。西武は五回に反撃したが、野上の7...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)