ロッテが連敗を3で止めた。四回2死三塁から鈴木、中村、田村の連続タイムリーで3点を先取し、五回は井口の二塁打などで2点を加えた。涌井は7回1失点で11勝目。オリックスは近藤が粘れず、縞田の一発によ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)