広島の黒田が走者を出しながら粘り、7回1失点で8勝目。大瀬良、中崎とつないで逃げ切った。一回に丸の先頭打者本塁打で先制し、1―1の六回はエルドレッドの適時打で勝ち越した。巨人は攻撃でミスが目立ち、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)