巨人が延長戦を制して4連勝を飾った。1点を追う八回に坂本と阿部の連続二塁打で同点とし、3―3の延長十一回2死満塁で小林が中前打を放った。沢村が十回から2回無失点で6勝目。広島は終盤の好機を生かせず4...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ