ソフトバンクの大隣憲司投手が近く左肘手術を受けることが決まり、今季中の復帰が絶望的となったことが18日、分かった。昨季はシーズン途中に難病の「黄色靱帯骨化症」を克服して復帰し、パ・リーグ優勝、日本...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)