西武が逆転勝ちし、連敗を4で止めた。2―4の六回に浅村のソロとメヒアの適時打で同点とし、代打熊代の犠飛で勝ち越した。七回にも1点を加えた。新人の高橋光が2勝目。ソフトバンクは序盤のリードを守れず、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)