DeNAが終盤に競り勝った。1―1の九回1死から筒香、ロペス、バルディリスの3連打で1点を奪った。先発の三嶋は7回1失点と好投し、山崎康が30セーブ。広島は前田が7回1失点と踏ん張ったが、3番手の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)