ロッテが連敗を3で止め、貯金を再び1とした。涌井は先手こそ許したが、7回2失点で5年ぶりの2桁勝利。デスパイネが0―2の七回にソロ、続く八回に逆転の2点二塁打を放った。オリックスは八回から登板の岸田...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ