ヤクルトが競り勝って、2位に浮上した。3―4の九回にデニングの左犠飛で同点。延長十一回は失策で勝ち越した。松岡が5季ぶりのセーブを挙げた。中日は山本昌が二回途中に降板。救援陣が踏ん張れなかった。

...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)