オリックスは1点を追う九回、安打と2四球で1死満塁とし、代打小島が左越え二塁打を放ってサヨナラ勝ちした。西武は二回に先制して以降、好機を逃し続けた。九回から登板の牧田は先頭の小田に内野安打を許し、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)