オリックスが競り勝った。一回に先制の2点二塁打を放った中島が、勝ち越された直後の五回は同点の二塁打。六回は駿太の犠飛で勝ち越した。1番小田は3度出塁と好機演出。中継ぎ陣は勝機を広げた。西武は十亀が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)