ロッテが乱打戦を制し、4カード連続の勝ち越しで7月3日以来の貯金1とした。序盤から点を取り合い、8―8の八回無死一、三塁で清田の右犠飛で1点を挙げ振り切った。オリックスは3度、追い付く粘りを見せた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)