阪神は一回に福留の2ランで先制し、三回は今成と江越の適時打で2点。七回はゴメスとマートンの適時二塁打で3点を奪うなど、3~7番が打点をマークした。四回途中から好救援の岩本が2勝目。広島は薮田が序盤...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)