ヤクルトが首位浮上。山中が巧みな投球術で7回無失点、5戦5勝とした。打線は七回に畠山の適時打、雄平の三塁打で2点を先行。畠山は八回にも2点適時打を放つ活躍。阪神は六回までゼロに抑えた岩崎を援護でき...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)