ロッテが競り勝った。一回にデスパイネの二塁打で先制。1―1に追い付かれたが、直後の五回に清田が中前打して勝ち越した。大嶺祐が緩急を生かして要所で踏ん張り、7回4安打1失点で5勝目。日本ハムは打線が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)