日本ハムの有原が5勝目を挙げた。毎回走者を背負いながら7回を6安打無失点。打線は三回に田中、陽岱鋼の連打で2点、五回にレアードの3ランなどで6点。オリックスの東明は自身の連勝が4で止まり6月10日...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)