ヤクルトが競り合いを制し、6連勝で単独首位に立った。2―3の五回に川端のソロなどで2点を奪い、4―4で迎えた六回は山田の適時二塁打などで2点を勝ち越した。バーネットが25セーブ目。中日は今季ワース...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)