オリックスが逃げ切った。一回2死満塁で縞田が押し出し四球を選び先制。続く谷の2年ぶりの適時打となる2点二塁打と宮崎の適時打で一挙に計4点を奪った。東明が7回1失点で5勝目。西武は菊池が制球に苦しん...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)