ヤクルトが序盤の大量点で逃げ切った。2―2の二回に新垣の2点適時打と山田、畠山、雄平の3者連続適時打で5点を奪った。DeNAは久保が乱調。打線が六回以降に追い上げたが及ばず、連勝が4で止まり2位に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)