【ニューヨーク共同】米大リーグ、エンゼルス入りを決めた大谷翔平選手が10月、右肘に自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図るPRP注射と呼ばれる治療を受けていたと12日までに米スポーツ・...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)