【アナハイム共同】重量挙げの世界選手権第7日は4日、米アナハイムで行われ、男子105キロ級はアジア選手権4位の持田龍之輔(ALSOK)がスナッチ165キロ、ジャーク208キロのトータル373キロで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)