日本サッカー協会は29日、12月の東アジアE-1選手権に臨む日本代表23人を発表し、サガン鳥栖からGK権田修一(28)が選ばれた。2015年以来の代表招集となった。  権田は東京都出身。FC東京の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)