江戸時代後期から脈々と続く第166回「乙亥大相撲」が28日、西予市野村町野村の乙亥会館で2日間の日程で始まった。横綱日馬富士関の暴行問題の余波で初日は幕内力士が不参加となり、恒例の稚児土俵入りは中止...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)