戴冠か引退か。プロボクシングの日本ライトフライ級1位板垣幸司(広島三栄)が来春、日本王座に挑む。34歳の苦労人がついにつかんだ挑戦権。「自分はもう若くない。このラストチャンスをものにできなければ引退...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)