◆函南出身の木村は準優勝  第八十七回全日本ボクシング選手権大会の八階級の決勝が二十六日、福井市の県産業会館であり、浜松市出身で日本大四年の坪井智也選手(21)がライトフライ級(49キロ)で四連覇を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)