サンフレッチェ広島のヤン・ヨンソン監督(57)のそばで一色クリスティアン通訳(45)の声が響いた。残留へ、命運を託された指揮官とは1995年に、神戸のコーチと通訳として在籍した時からの旧知の仲。監督...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)