「本当によく頑張った」。大相撲九州場所千秋楽の26日、安美錦関が勝ち越しと敢闘賞獲得を決めた瞬間、故郷・青森県深浦町の実家は大きな歓声と拍手に包まれ、喜びに沸いた。苦しみながら勝ち取った8個目の白星...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)