大相撲九州場所千秋楽の26日、三賞選考委員会が開かれ、左アキレス腱断裂の大けがから再入幕の安美錦が勝ち越しを決め、2000年名古屋場所以来2度目の敢闘賞を受賞した。三賞は14年秋場所以来。  39...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)