2017年最後の大相撲九州場所が終了し、年間最多勝は白鵬が56勝で2年ぶり10度目の1位となった。年6場所制となった1958年以降で92年の貴花田の60勝を下回る最少記録。今年は計25休しており、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)