プロ野球の西武から育成ドラフト1位指名を受け、入団が決まった朝倉市出身の高木渉外野手(17)が24日、朝倉市役所に森田俊介市長を訪ね、入団を報告。九州豪雨からの復興が始まった古里の朝倉市に対し「活躍...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)