日本相撲協会審判部は23日、大相撲九州場所11日目に敗れた際に立ち合い不成立をアピールし、異例となる不服の態度を示した横綱白鵬関を呼び出し、厳重注意した。  23日午前に対応を協議した審判部は白鵬...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)