浮上する兆しが一向に見えないまま、リーグ戦が中盤に突入すると、クラブは監督交代を模索し始めた。  アスリートクラブ熊本の池谷友良社長は「内部からの起用と外部招へいの両にらみ」としていたが、低迷する...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)