大相撲の横綱白鵬関が九州場所11日目の22日、関脇嘉風関戦で初黒星を喫した際、立ち合いの不成立をアピールし、しばらく土俵下で不満げに物言いを要求するなど“前代未聞”の振る舞いを行った。場所中に発覚...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)