川崎市立白幡台小学校(宮前区南平台)の六年生五十七人が二十一日、サッカーJ1川崎フロンターレの選手二人を先生役に迎え、フロンターレが作って学校に配っている算数ドリルにちなんだ授業を受けた。子どもたち...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)