J1昇格を目指した徳島ヴォルティスの挑戦が終わった。ロドリゲス監督の下、組織化された攻撃サッカーが注目され、総得点はリーグ2位の71と量産した。にもかかわらず、7位にとどまった背景には決定力不足のほ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)