中村時広知事は20日、愛媛県庁で定例会見した。四国電力伊方原発での重大事故を想定した14日の県原子力防災訓練に関して、小型無人機「ドローン」が道路の被災状況の確認に効果があったとし、2018年度中に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)