手の中にあった4年ぶりのプレーオフの切符がするりとこぼれ落ちた。後半43分、東京VのCKから痛恨の2失点目。6分後、試合終了のホイッスルが無情に鳴り響いた。千葉の勝利を聞いたのはその直後。岩尾主将は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)