試合終了の笛が鳴り、就任3年目の四方田監督が両手を広げて喜びを爆発させた。ベンチ前には歓喜の輪ができ、前回残留した2001年にコーチとキャプテンの関係だった野々村社長と抱擁して、16年ぶりの歓喜を分...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)