東北楽天の岡島豪郎外野手が、元々本職だった捕手のポジションに挑戦している。ベンチ入り捕手を通常の3人から2人に減らし、試合終盤に捕手を使い切ったときに備え、梨田監督に「第3の捕手」を提案された。「『...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)