広島の堂林が、打撃再生に向けて一点集中のキャンプを過ごしている。将来の主軸候補として期待されながら、14本塁打を放った2012年以降は、輝きを取り戻せないまま来季で9年目。「ずっと情けない成績が続い...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)