J1仙台から9月にJ2徳島へ育成型期限付き移籍したMF佐々木匠が、試練に直面している。実戦経験を積んで成長するはずが、定位置獲得もままならない。「自分はもっとできるはず」。世代別の日本代表を務めてき...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)