【ソウル共同】世界反ドーピング機関(WADA)は16日、ソウルで理事会を開き、2015年11月から停止しているロシア反ドーピング機関(RUSADA)の資格回復を見送った。WADAの判断は、来年2、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)