ソフトボールU―19の第6回アジア男子ジュニア選手権(1~5日、中国・香港)で日本が4連覇を飾った。将来の強化を見据えた今回は中学3年生だけで挑み、本県から参加した稲垣拓朗(新島学園)と、大河原啓太...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)