四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)での重大事故を想定し県は14日、100機関の約2万3000人が参加する原子力防災訓練を県内外で行った。大分県への住民の海路避難のほか、小型無人機「ドローン」を伊方町で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)