18都道県の女性ランナーが福島路を駆け抜ける第33回東日本女子駅伝競走大会は12日、福島市の信夫ケ丘陸上競技場を発着点に9区間42.195キロで行われ、千葉が2時間18分37秒で2年ぶり9度目の優勝...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)