大相撲の東前頭11枚目の碧山(31)=本名ダニエル・イバノフ、ブルガリア出身、春日野部屋=が九州場所3日目の14日、日本相撲協会に「右足関節捻挫(靱帯損傷)で約1カ月の治療を要する見込み」との診断...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)