男子団体は、育英が盤石の試合運びで頂点に。中堅榊原が決勝リーグの神戸弘陵戦で面、胴を見舞うなど、要所でチームに流れを呼び込んだ。  榊原にとって、転機になりそうな優勝だ。育英は今夏の全国高校総体で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)