高校ラグビーの第97回全国大会群馬県予選は11日、前橋市の県営ラグビー場で決勝が行われ、明和県央が44―7で桐生第一を下し、2年ぶり7度目の優勝を果たした。県央は前半だけで4トライを奪って主導権を握...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)